1. トップページ
  2. 施設
  3. 豊田スタジアム施設概要

豊田スタジアム施設概要

独創的なデザイン・機能的な設備で、国際的なイベントから日常の公園利用まで、訪れるあらゆる人に夢と感動を提供します。

使用形態 サッカー等球技専用スタジアム
着工 1997年9月(造成工事)
完成 2001年6月25日
利用開始 2001年7月21日
建設費 451億円(土地購入費、公園整備費含む)
面積 中央公園170,000㎡、建築面積40,734㎡、延床面積97,004㎡
階層 地下2階、地上4階
収容人数 全席個席タイプ
 メインスタンド 12,045席
 バックスタンド 14,632席
 サイドスタンド 18,323席
    計    45,000席
(うち メディア席264席、車椅子席228席、可動席2,438席)
スーパールーム 28室(12人~16人室)
レストラン 100席
ピッチ 天然芝部分115m×78m
高さ マストまで96m(ピッチから) 屋根まで61m(ピッチから)
照度 水平照度 1500ルクスの確保
駐車場 地下2階 88台
地下1階 116台
地上南 341台
地上東 129台
  • スタンド

    全席背もたれ付きの個席で、通路スペースも広めに確保、ゆったりとご観戦いただけます。上層スタンドの最⼤傾斜⾓は38度。後⽅の席でも前の⼈の頭で視界を遮られる事なく、フィールドの様⼦をつぶさに⾒ることができます。

  • 可動席

    1階サイドスタンドの下のスペースに格納されている約2,438席分の可動式観覧席。通常時42,562席の客席を、イベントの規模に合わせて最⼤45,000席まで増設することが可能です。

  • ユニバーサルデザイン・バリアフリー

    段差の解消、滑りにくい床、車いす専用の観客席や見やすい案内表示など、ユニバーサルデザイン・バリアフリーを随所に採用しています。

  • トイレ

    イベント開催による混雑時でもスムーズに利用できるよう、1~4階各フロアに男女トイレを全680器設置。妊婦の方、お子様連れの方、車椅子の方を配慮し、多目的トイレも23か所に設置しています。

  • シートヒーティング

    メインおよびバックスタンド1階の中央部の4,000席の座⾯にはシートヒーターが内蔵されており、寒い冬でも快適にスポーツ観戦をすることができます。

  • ⼤型映像装置

    縦9.6メートル×横19.2メートルでLED採⽤のフルカラースクリーン。選⼿名や得点表⽰などの⽂字情報はもちろん、静止画・動画を映し出すこともでき、映画上映会やパブリックビューイングなどのイベントに活⽤できます。

  • 吊り屋根構造

    メインおよびバックスタンドの屋根は、⼤きな4本のマストからワイヤーで吊る独⾃の構造となっています。これにより、場内から視界の妨げとなる柱を排除し、臨場感あふれる理想的な視認性を確保しました。

  • 防災

    すべての方に安心してご利用いただけるよう、24時間体制の防災セキュリティシステムを導入。震度7の地震や最大風速80m/秒の強風に耐える構造、火災時に自動放水する3基の放水銃、監視カメラ等を備えています。

  • 記者席

    あらゆる報道・取材活動に対応できるよう、100V電源と電話回線付きデスクを備えた報道席264席をご用意しています。

  • 天然芝のフィールド

    アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるよう天然芝を採用。水はけに優れた特殊な多層構造、スプリンクラー、温水パイプを用いたアンダーヒーティングシステムを導入しています。

お問い合わせ

TEL: 0565-87-5200

豊田スタジアム(代表)

(営業時間 9:00~18:00)